世界文化遺産  富士山
富士山と初日の出
Sunrise on New Year's Day and Mt. Fuji

このページは、「富士山と初日の出」の
写真を紹介しています。
写真を参考に正月の日の出に出掛けたら
美しい日の出と想いができると思います。

INDEXへ戻る

20150102-kamitakaori10dj~WM
上高下(カミタカオリ)のダイヤモンド富士、
山並み越しに見ることができ
正月にかけて山頂から昇る朝陽は、
見る人に感動を与えてくれます。
最近では、特に有名な場所になり
混雑が予想されますので
早めのポイント確保が必要となります。
現地に着きましたら、日の出前に
バルブ撮影で星を流したり
明け行く空の変化を撮るのも良いと思います。
車の中でレンズを暖めますと
外気との温度差で曇ることがありますので
注意してください。
1月2日撮影 山梨県富士川町上高下 map
マッピコード 312695546
20031208-motosuko45152~WM
元日の日の出は、なんといっても本栖湖に限る。
一度見ると病み付きになり、毎年通うことになる。
テレビ局の取材ヘリが上空を舞いお祭り騒ぎの
本栖湖は大フィーバーになる。
初日を見に行かれる方は、日付が変わる前に
現着することをおすすめします。
また、深夜のアイドリングは、排気ガスによる大気汚染と
睡眠の妨げになりますので、ご協力をお願いいたします。
1月1日撮影  山梨県身延町 本栖湖 map
マップコード 312504521
20010101-asagirikogen66251~WM
日の出一時間後に山頂から昇る御来光は、心に
残る思い出の一齣です。この場面をどの位置でカメラに
納めるかは貴方次第。ポイントを左右に移動する
ことで、日の出の位置が決まります。朝霧高原では
年間を通じて、このドラマに出会えます。はじめて
訪れる方は、まず富士山の左右どちらかに昇る日の出を
五合目付近から追いかけ、富士に隠しながら
移動するとよいでしょう。
更に富士に向かい前へ進むことで、数回の日の出を
撮影することができます。
注意することは、太陽が右斜めに上昇しますので
ポイントは、左前方へ向かわなければなりません。
時間稼ぎに、富士ケ嶺地区の撮影もお薦めです。
8:15分頃に昇る日の出は、時間にも余裕があり、
朝一番の日の出を本栖湖や精進湖で撮影した後にでも
撮ることができます。
朝日に何回撮影できるか挑戦してください。
1月1日撮影 山梨県富士河口湖町富士ヶ嶺 map
マップコード 312387659
20011223-syoujiko691351~WM
精進湖の湖畔には
朝陽を求め、各地から人が集まり
さながらご来光祭りとなります。
湖畔から昇るガスが朝日を隠し、
幻想的な日の出は次第に高度をまし
天空へと昇る。
12月23日撮影  山梨県富士河口湖町 精進湖 map
マップコード 312567502
20011223-syoujiko4502~WM
湖畔に浮かぶ釣り船、
冬至には富士により近づき日の出が昇る。
初日の出、正月ころまでこの位置の
日の出を見ることが出来ます。
元旦には大勢の人々が集まりますので
お早めにお出かけください。
12月23日撮影 山梨県富士河口湖町 精進湖 map
マップコード 312567502
20011223-syojiko69151~WM
日の出を待つ人々の群集が押し寄せる精進湖。
神秘の湖から昇る御来光は見る人に感動を
与えてくれる。
年の初めに、この日の出が
見れたら幸せになれますネ。
湖畔に車を止めることが出来ますが混み合いますので
早めのお出掛けをお勧めいたします。
写真は、光芒を出す為に太陽周辺の青空に露出を
合わせ撮影したものです。日の出を撮影後に
朝霧高原に移動すればもう一度
山頂の御来光が拝めます。
1月1日撮影 山梨県富士河口湖町 精進湖 map
マップコード 312567502
19980102-syoujiko45151~WM
富士山の一日が始まる。
静かな湖面が刻々と彩りを変えてゆく。
この時を待ちつづけたカメラマン達が、
一斉にシャッターを切る。
思い出に残る感動の一齣。
いざ撮影、
露出をどこに合わせるかで
出来上がりの作品に違いが出る。
思うように撮れるかが腕の見せどころだ。
この日の富士に感謝です。
1月1日 撮影 山梨県富士河口湖町 精進湖 map
マップコード 312567502
19970101_syoujiko~WM
朝の霧は、日の出と共に消えてゆき、
変化に富んだ最高の撮影条件です。
日の出は次第に上昇し、時間と共に
変貌のチャンスが訪れます。
確実に撮るには、露出(絞り)を前後させ
色々なデータで撮ることをお薦めします。
この日の作画は、二度と撮る事は出来ません。
フイルムをケチらずカメラに収めてください
待ちの撮影が功を奏した一齣でした。
1月1日撮影 山梨県富士河口湖町 精進湖 map
マップコード 312567502
19951203-maruyama69181~WM
標高1600mからの日の出を見る事ができますが
冬季閉鎖で通行止めの可能性があります。
日陰部分や朝方の霜で滑りやすく
注意が必要です。
少し標高を下げた平林の部落付近でも
同様の位置の日の出を楽しむことができ
お勧めの場所だと思います。
12月3日撮影 山梨県富士川町 丸山林道 map
マップコード 893538675
20150102-kamitakaoridj09~WM
ダイヤモンド富士の町、上高下(カミタカオリ)地区は、
正月に富士山の山頂から昇る太陽を
見ることができる町として有名です。
2015年1月2日、この写真を撮りに出掛けました。
混み合うので元日をさけて撮影に挑みましたが
朝陽が強くてゴーストが出てしまいました。
ゴーストを避けるには、すべてのフイルターを
外し、画面の中心点での撮影が鉄則です。
データを換え前後撮ることをお勧めします。
上高下に行かれる方は、
狭い山道と路面の凍結に注意してください。
情報は命を救います。
お出掛け前に確認してください。
1月2日撮影 山梨県富士川町上高下 map
マッピコード 312695546
20150102-kamitakaori01dj~WM
上の作品と同様の日の撮影です。
上高下(カミタカオリ)地区では、
撮影者のために駐車場が用意されています
四季を通じて撮ることができますが
やはり、狙い目はダイヤモンド富士です。
日の出前に雲があれば焼けることもあり
深夜バルブで星を流すことも出来ます。
お好みの撮影に挑戦してください。
1月2日撮影 山梨県富士川町上高下 map
マッピコード 312695546
19890104-utukushinomori6651~WM
山梨県北杜市・八ヶ岳の山麓からは、
甲府盆地・八ヶ岳連峰・南アルプスを
眺めるのに最適の撮影ポイントです。
あらゆる所に撮影場所が点在し飽きることなく
絶景に出会えます。
清里スキー場・天女山・八ヶ岳横断道路・観音平が
お勧めのポイントですが、冬季閉鎖の道もありますので
情報を入手してから、お出掛けください。
レンズは標準か、広角レンズを用意し撮影に
備えるとよいでしょう。
望遠レンズで富士山のアップも魅力的です。
場所の説明(作品)も重要だと思います。
カメラは、外気の気温に慣らし、結露に注意しながらの
撮影が必要です。バッテリーの無いカメラがおすすめ。
冬場の気温は、-15~-20度を超えることもしばしばです。
車は、寒冷地仕様がよいでしょう。
1月1日撮影 山梨県北杜市大泉町 map
マップコード 359004335


富士山頂に沈む夕日

1月1日 山梨県山中湖村 ハリモミ純林 map
撮影 マップコード 161 072 794
1月12日 茨城県行方市玉造甲 map
撮影 マップコード 162 606 702

世界文化遺産 富士山 「富士山写真道楽」
http://fuji-works.com/

寒冷地撮影の注意事項

1.カメラに直接風が当たらないように布をなどを掛け保護して下さい。
2.カメラに電池を入れっぱなしにすることで電池が消耗し作動しなくなる
可能性があり
ます。撮影の直前にカメラに装填してください。
3.寒冷地で撮影するときは、新しい電池に交換し予備電池も必ず携行してください。
4.対策として、バッテリーをカイロなどを使い温めながら使用するか、
電池を低温から 守る保温バッテリーケースなどを使うことをおすすめします。

5.カメラを車内などに置かず、トランクなどに置き外気に近い温度に慣らすことです。
車内に置いたことで、外気に触れた瞬間に結露し撮影不能になることがあります。

6.シャッターは、レリーズを使用するとよいでしょう。
7.カメラは、バッテリー無しのレンズシャッター機能の付いた機種をおすすめいたします。

お天気情報

天気予報コムより
情報をお借りしております。

作品に関するお問い合わせや、ご意見・ご希望は、
メールでお聞かせください。

レンタル画像「富士山写真」の貸出しの相談も承ります。
必要な方には、ポジフイルム・電子画像でお送りすることもできます。

問合せメール >>>
 


このサイトの画像の著作権は、著作者本人が有しています。
許可無く複写複製することは、法律で認められた場合を除き、
著作権の侵害となりますので、ご注意ください。
作品には、隠しの文字が埋め込まれたています。

ページのトップへ戻る

Index GalleryⅠ GalleryⅡ GalleryⅢ Daiya Fuji Sakura flower Suisei Season


富士山写真の貸し出し フォトライブラリー「富士山写真道楽」