富士山撮影
My Camera
4×5 暗箱カメラと懐かしの名器で撮影
最近ではデジカメが主流


懐かしのカメラで富士山撮影
4×5判カメラはまだまだ現役で隠居しません





お蔵入りのカメラが復活
思い描いていたカメラが出来上がりまあした
フイルム時代に活躍した
懐かしのハセミ 4×5 暗箱カメラをデジカメに使用

スタイルも抜群です
Pixco マウントアダプターを使用し
4×5カメラバックとPentax のデジカメが合体
あおり撮影が楽しみです

Linhof Master Technika
4×5カメラバックとPentax が合体
Fidelity Elite フィルムホルダーを加工し
取り付けることができました

構想から製作まで二週間ほど掛かりました
世界最高峰の大判カメラ
Linhof Master Technika 4×5をデジカメ用に
製作しました
制作費は手持ちのFidelity Elite フィルムホルダーと
鏡筒部に52mmフイルターを使用し
Pixco マウントアダプターの2600円だけです
ダイヤモンド富士撮影に
Hasselblad Tele-Tessar C 500mmの
アルミ台座レールを製作しました
ETSUMI 止ネジ と
高さを調整する土台になにを使うか
迷い悩んで完成しました
ブレが心配でしたが
安心して撮ることができました
アルミ台座レールの製作費は3000円ほど
手作り感が満載です
出来上がるまでが楽しみでした
テレコン×2を付けるとレンズ受けが延長して
1000mmに対応できます
西ドイツ・フランケ&ハイデッケ社の
Rolleiflex 2.8 f Planar 世界中で
愛された二眼レフカメラ
画質の良さに惹かれて購入しました
クロダルマとも呼ばれています
軽量コンパクトで山歩きには最高です
内蔵のメーターは セレンゴッセン製で
安心して撮ることができます


Pentaxの台座レールを
製作してみました
四角いアルミ台座に
この字型のアルミを差し込みましたが
延長には刻みが必要でした
釣竿のように延長自在にできあがりました

広角系は折りたたみ小さく
伸び縮み自由で使いやすくなります
制作費は1500円ほどで完成しました
pentaxk3_01 pentaxk3_02
フードと折り畳み式ルーペ (画面のガラスの保護に役立ちます) 日よけフードで画面が見やすくなります
pentaxk3_03 pentaxk3_04
日よけフードにルーペ付き ルーペで画面を拡大できます  (費用は 1.704円)




富士山写真の画像の貸し出しをしています
メールお待ちしています 

Index GalleryT GalleryU GalleryV New Fuji Daiya Fuji Flower Comet Season Monokuro

フォトライブラリー 「富士山写真道楽」