2012年11月18日

「霞ヶ浦」
茨城県行方市島並
麻生運動場東


pm4:23
PENTAX K-30
smc PENTAX-DA L 55-300mm ZOOM  (230mm)
f 8 1/250 ISO100 EV−0.0補正



pm4:24
PENTAX K-30
smc PENTAX-DA L 55-300mm ZOOM  (230mm)
(トリミング) PHOTOSHOPで処理
f 10 1/250 ISO100 EV−1.0補正



pm4:28
PENTAX K-30
smc PENTAX-DA L 55-300mm ZOOM  (300mm)
(トリミング) PHOTOSHOPで処理
f 8 1/60 ISO100 EV+1.5補正



この日は、行方市・麻生運動場東からのダイヤモンド富士です。

早朝4時半起床で埼玉県所沢市にある狭山湖に出掛けてきました。
雨上がりの青空が広がり、清々しい富士を望むことができ
更に撮りたい気分が霞ヶ浦へと誘いました。
時間はたっぷりとあるので、一般道での走行となりました。
八時に狭山湖を出発、現地には昼過ぎと約四時間の道のり
やはり遠いいですね。
霞ヶ浦の堤防は、北西の風が吹き荒れていて立っているのもやっと、
並しぶきで、ここでは撮影不能と諦め、
後方の場所探しに出掛けました。
麻生運動場東側に標高34mの見晴台を見つけ、
そこには、地主さんが蜜柑の収穫をしていて忙しそう、
当然ながらここで撮りたいのでと話し、この日の説明をし許可を頂きました。
地平線には、帯状の雲が居座り富士の姿はまるでなし、
その後、夕日とともに姿を現しましたが、後の祭りでした。
hasselbladでも撮りたいと出しましたが出番なし
画像を見る限りでは、チャンスはありませんでした。

次回ここからのダイヤモンド富士は、2013年1月23日 pm4:49:40で
ど真ん中に沈みます。
ちなみに富士山までの直線距離は、173.8Kmでした。



Photographer T.kumazawa

ダイヤモンド富士へ戻る

INDEX