2012年11月14日

東京都三鷹市大沢四丁目
御塔坂西


pm4:20
PENTAX K-30
smc PENTAX-DA L 55-300mm ZOOM  (77mm)
f 11 1/2000 HDR AUTO撮影(誇張±3EV)  ISO100 EV−1.3補正 


pm4:22
PENTAX K-30
smc PENTAX-DA L 55-300mm ZOOM  (55mm) トリミング
f 11 1/100 ISO100 EV−0.7補正


pm4:22
PENTAX K-30
smc PENTAX-DA L 55-300mm ZOOM  (170mm) トリミング
f 7.1 1/20  ISO100 EV−0.7補正



この日は、三鷹市大沢四丁目からのダイヤモンド富士です。

太古の昔、多摩川が武蔵野台地を削ってできたのが国分寺崖線、
段丘が野川にそって連なっています。
国分寺崖線は、立川市幸町付近を基点に国分寺市・小金井市・三鷹市・調布市を通り
大田区まで延長約25kmにも及び、高さ10〜20mの斜面が連なっています。
まだまだ都市に残された貴重な自然がたくさん残されています。
標高45mの高台からは、調布市の町を一望でき見晴らしは最高、
遠くに見える山並みは丹沢が横たわっています。
大陸から時雨雲がちぎれやってきています。
富士山には、旗雲が巻きつき全貌を見ることができません。
撮影後、二時間を過ぎた頃には、ぽつぽつと雨が降り出しました。

次回ここからのダイヤモンド富士は、2013年1月27日 pm4:47:40で
ど真ん中に沈みます。
ちなみに富士山までの直線距離は、80.9Kmでした。



Photographer T.kumazawa

ダイヤモンド富士へ戻る

INDEX