2007年1月25日
三鷹市大沢二丁目
国立天文台

pm.4:45
HASSELBLAD  500 C/M  
Sonnar 150mm 
f 22 1/60  (fuji 50 ベルビア) 



HASSELBLAD  500 C/M
Sonnar 150mm
f 22 1/30  (fuji 50 ベルビア) 



昨日につづき、国立天文台に隣接する、ハケの道からの撮影です。

太古の昔、多摩川が武蔵野台地を削ってできたのが国分寺崖線だそうです。
段丘が野川にそって連なっています。
国分寺崖線は、立川市幸町付近から国分寺市・小金井市・三鷹市・調布市を通り
大田区まで延長約25kmにも及び、高さ10〜20mの斜面が連なっています。
今では、都市に残された貴重な自然がたくさん残されています。

冬型の気圧配置なのに、なぜか霞む空、
ダイヤ時刻になってもクリアーに見えない富士山、
温暖化の影響は深刻です。

この日は、地元の人やカメラマンを含め20人ほど居たでしょうか。
近くに居た年輩のおじさんが私に、今日は四時四十五分だよねと、デジカメ片手に
声をかけてきました。みなさんが楽しみにしている富士の観える景色、
大事にしたいですね。


Photographer T.kumazawa

ダイヤモンド富士へ戻る

index